ビジネス文書の未来を考える

ビジネス文書を知らない世代が現実に?

現代でもほとんどの企業で「ビジネス文書の書き方」が重視されていますが、一部のベンチャー企業ではすでに正式なかたちでのビジネス文書を廃止しているところもあり、企業間での情報共有もクラウド上で行う形式が一般的になりつつあるようです。
ベンチャー企業の試みがこのまま主流になれば、近い将来には日本国内でもビジネス文書そのものが過去の遺物になる可能性があり、若い世代の間ではすでに「ビジネス文書は必要ない」という声が強まっているようです。
ただ、どんなに時代が変わってもビジネスにおける人と人の結びつきは大切であり、今後の日本でもたとえ形式は変わっても「ビジネス文書」そのものはなくならないという見方もあり、今後の数年間がちょうど企業にとっての過渡期であるとも言われています。

ビジネス文書問題?若手への正しい接し方

ビジネス文書以上に現場のビジネスシーンで問題となっているのが社員間のジェネレーションギャップです。
正確には、ジェネレーションギャップの一言で片づけられるような問題ではなく、より広い意味では「新たな世代とどのように接するべきか」という命題が企業につきつけられているような構図になっています。
これまでは「若手に不充分な点があれば上司が修正する」という接し方が一般的でしたが、個人主義が浸透している今の日本では上司が忠告したところで「私は私」となってしまい、メッセージとしてダイレクトに伝えることが難しくなっています。
若い世代に対しては「上から目線にならない」ことがひとつのポイントであり、一方的に教え込むのではなくさりげなく考えさせるようなつもりで対等に接していくことによりメッセージが通りやすくなり、世代間ギャップも自然と埋まっていくとされています。


▲ TOPへ戻る