誰にとってもわかりやすいビジネス文書とは

「ビジネス文書なんて定型文をつなぎ合わせればそれで終わり」と考えている方がいるとしたら、それは大きな誤解です。 定型文ばかりでは慇懃無礼になってしまいますし、くだけた表現を入れてしまうと失礼な文章になってしまいます。 誰にとっても失礼にならないビジネス文書の書き方について御紹介いたします。

ビジネス文書で見る日本と海外文化

一般的なイメージでは、海外の企業ではビジネス文書においてあまり形式が重視されていないようにとらえられていますが、もちろん、海外であってもビジネスにおいては一定のマナーが存在します。 ビジネス文書に見る日本と海外の文化の違いについて詳しくまとめました。

ビジネス文書の未来を考える

「ウェブ2.0」時代をむかえ、企業におけるビジネス文書の役割も年々変わりつつあります。 「ビジネス文書の時代は近いうちに終わる」という予測さえ流れているなかで、これからのビジネス文書の在り方について未来志向で考えていきます。 ビジネス文書にまつわるジェネレーションギャップについてもまとめました。

おすすめリンク

電話代行サービスをお探しなら

電話代行サービスの導入をご検討中の方へ!ニーズに合った安心と実績のある代行会社選びたい方はこちら

電話代行はとっても便利

外出中のあなたに変わってお客様からの電話に応対する電話代行。利用することのメリットとは。

各社の予約システムの早さを比較

便利な予約システムですが各社によってスピードに差があります。どんな違いがあるのか比較してみました。

チラシ印刷は激安通販サイトを活用しよう

激安でチラシ印刷ができるサイトがたくさんあります。自分の好みや予算に合わせて選んでみよう!

3Dデータ作成を個人で作る方法

3Dデータ作成は業者に依頼もできますが自身で出来ます。個人で作る場合に必要な事をお伝えします。

新入社員必見!ビジネス文書の必須ボキャブラリー

社会人になりたての人が仕事上でぶつかりやすい壁として、ビジネス文書の書き方があります。
ビジネス文書には一定の書式とマナーが定められていますが、表面的な体裁にあまりにもこだわりすぎると、いかにも形式ばった、慇懃無礼な文書になってしまいますし、だからといって自分なりの個性をうちだしてしまうと相手に対して失礼になってしまいます。
かつての日本的企業では新入社員に対してビジネス文書の書き方が徹底的にレクチャーされたものですが、「新人教育」が簡略化されつつある現代の企業ではビジネスマナーはひとつの一般常識とされており、会社に入る前から身につけておくべきスキルであるとされています。
ただ、企業側の思惑とは裏腹に、ここ数年は「ビジネス文書の書き方を知らない新人」がますます増えており、実際の職場でも知識や経験の不足による混乱が起きていると言われています。
ビジネス文書は決して、表面的な体裁をきっちり守れば形になるものではありません。
もちろん、レイアウトや文字の配置をわかりやすく整えることは大切ですが、送り手の心を感じさせる内容にすることもひとつのポイントであり、ちょっとした言葉遣いに気をつければビジネス文書でも書き手の個性をさりげなくアピールすることは可能です。
このサイトでは、社会人1年目でもわかりやすいビジネス文書の書き方についてポイントを整理してお伝えします。
ビジネス文書の正しい指導方法についてもまとめていますので、上司の立場にある方もぜひとも参考になさってください。

▲ TOPへ戻る